マンション投資が人気を集めている理由|リスクの少ない投資法

不動産投資とは

グラフ

マンションを使う場合

不動産投資にはいろいろな方法があり、マンションを使って行うのも1つの手段です。マンション投資は大きく分けると賃貸収入を得るタイプ、売買して稼ぐタイプがあります。賃貸収入を得たい場合は、入居者が必要となります。エリアによって年齢層や家賃相場などは違うので、それに合わせて行動すると良いでしょう。売買で稼ぎたい場合は、安く買って高く売却するのが基本です。土地価格の変動を先読みできるとこういったマンション投資は有利となります。もちろん前提としてある程度の元手は必要です。総じてマンション投資は土地とマンションを利用して行うものです。古いマンションであってもリフォームするなどして価値を高めることはできます。

建物の活用術

マンション投資で意識したいのが住みやすい建物であるかどうかです。場所も重要ですが、建物の構造や周辺事情、そして住居者にあった作りになっているかどうかも重要となります。最近では高齢者向けのマンションも増えていますが、そういった物件の多くは介護用にリフォームがされています。低い位置に手すりが設置されていたり、階段がゆるやかになっているなど、ちょっとした工夫でも住みやすさは大きく変わるものです。キッチン、お風呂場なども高さ調整をするだけで使い勝手は良くなります。他にも段差を無くすなどして、車椅子での移動がしやすいように工夫をしているマンションもあります。そうすることで高齢者向けのマンションとして紹介しやすくなるのです。