マンション投資が人気を集めている理由|リスクの少ない投資法

マンションの投資の工夫

内観

マンション投資とは、利益を得る目的で資金をマンションに投入するものです。現金で購入できれば、家賃収入はそのまま手元に残ります。けれども多くの場合、住宅ローンを組んで家賃収入をその返済に充てることになります。利益として得られるのはそのローン返済に充てた残りの家賃です。あるいは、値上がりによって得る売却益となります。マンション投資のリスクとして考えられるのは、まず家賃収入が得られないことです。空き部屋となって賃借人がつかないか、あるいは家賃が滞納されるかです。また室内を綺麗に保つための修繕コストもありますし、売却するにもすぐに現金化できないこともあります。このような制約の中で、いかに利益を増やすかを考えることになります。

マンション投資では、いかに家賃収入を増やすかがポイントです。もちろん相場の家賃単価があるので、やたらと高い設定にはできないものです。また物件の築年数や立地、部屋の向きや間取りなどでも家賃設定は決まってきます。その中でいかに収入を増やすのか、工夫が必要です。一般的に入居期間が短いほどに内装リフォームの費用が必要となるので、家賃利回りは下がると言われます。統計としては、男性より女性の方が長く居住し、人数が多いほどに入居期間は長くなるとされます。そこでマンション投資を行うにあたり、借り手を限定するのもひとつの手段です。あるいは立地環境や部屋の雰囲気から、女性が住みやすい部屋や家族が安心できる環境を選ぶ工夫が大切です。